体験と見学では異なる見方ができる

演技力の有る無し、知識や技術、これまでの実績問わず、演技に興味があるならば、
初心者もプロでも生涯学習は可能です。特に初心者の場合、演技を学ぶためのスクールや
養成所などを一度見学することがオススメで、体験型であればなおのこと、自分に合って
いるのかどうなのかを知るチャンスです。内容に対して、適正となるレッスン料である
のか、学ぶにしてもレッスン料が払えなければ、通うことも困難です。この点も考慮して、
体験型を選択するのが一法です。

演技レッスンでは、体験型であってもコーチとなる指導者の質も重要です。俳優や女優、
タレントや子役などマルチに活躍している現役の講師が籍をおいていることはポイント
です。芸能プロダクションが運営している演技レッスン専門の施設では、現役の方々に
よる演技指導が入ることも少なくはありませんし、自身の演技力向上に努めるために、
養成所に赴き、個人レッスンを受けるケースもあるほどです。初心者の場合には、羞恥心
から本来の実力を発揮できないこともあります。

実力者揃いの中で、厳しさを指導する講師陣も現にいますが、参加することの意味、
そこで演技をすることの楽しさなどを見出すことによって、本格的に学ぶ場所を選ぶ
のが良い方法です。

学ぶ場所も、養成所や演劇部、団体などをはじめ、海外にもエンターテイメント性ある
フィールドが所狭しとあります。一般的に演技レッスンでは、腹式呼吸や早口言葉など
の発声練習を行ったり、喜怒哀楽となる感情を表現するレッスンも加わります。演技派
となるプロには、怒りながら楽しむなど、身振り手振りといった表現力を養っている
ほどで、初心者でも総合的な演技力を鍛えられるのか、レッスン内容の濃さから判断
できます。

それでも、レッスンを見学するだけで、実際に指導を受けられないケースも少なくは
ありません。さわりだけであったり、台本を使った実践練習を体験できることが大事で、
可能であれば、即興での演技練習を提案するスクールを選ぶことで、より一層、演技力
を高めることが期待できます。