Monthly Archives: 3月 2018

[2018年2月卒業]

スタジオに通い初めてから、卒業まで、10年近くかかってしまいました! 卒業する事が目的で通っているわけではないので、卒業しなくても良いか!と思い初めていたのですが、実際に卒業証書を貰うと嬉しい気持ちになりました。
通い初めた頃の事が走馬灯の様によみがえってきます。
私は演技の経験が高校の時の部活で少ししかやったことが無かったです。その時も私は演技が他の部員より下手でしたが、演じるのって何か凄く面白い!!と思ってやっていました。でもプロとしてやっていくのは難しいのかもしれない…。

入ってから、自分が演技を全く分かって無くて、舐めていた事に気がつきました。短期間通えば出来ると考えでいたのです。
習っているカリキュラムが演技とどう関係有るのか分からずにやっていました。上手くできなくて、自分が出来ない事だらけだと気がつき、厳しい現実にぶち当たり衝撃を受けましたが、続けていくうちに、人より時間がかかっても出来ない事が出来てくると楽しくなってきました。

何度も辞めようと思いましたが、続けて良かったと思いまます。続けて来れたのは単純に演じる事が好きだからです。演技はまだまだ下手だけど、人間的にあの頃より成長出来たと思います。卒業はしましたが、まだまだやりたい事があるので、これから演技の上手いまともな人間になりたいです!(0024)

[2018年2月卒業]

役者になりたい、そう思ってスタジオCANに入りました。
入った当初は、まず自分が思っていた演劇の世界とのギャップに戸惑いました。その時初めて自分が生半可な覚悟でこの世界に足を踏み入れてしまったことに気づき、しばらくそのギャップを埋められないでいました。やめたいと投げ出しそうになったこともあります。でもその時に「本当に精一杯やったの」という言葉で気づかされ、改めてまた頑張ろうと思いました。

五年経ち、卒業証書をもらった今、あの時やめなくてよかったと本当に思います。あの頃の自分からしたら、まさか自分が卒業証書をもらって、まだ役者をやっているなんて思ってもみなかった。今でも度々悩むことがありますがその度にあの言葉を思い出して今日の今日までやってきました。

はっきりいって自分はまたまだ一人前の役者には程遠いです。私は演技を形で捉えてしまいがちで、そこは卒業した今でも苦戦しているところです。演技は嘘をつくことじゃない、本当に生きることだという絶対的な教えをまだ身につけられないでいます。それを身につけられた時に初めて演劇の「本当の楽しさ」というものが分かるんだと思います。その時、やっとスタート地点に立てるんじゃないかということも。

あの頃より変わった部分も確実にあります。発声一つにしても、最初はあんなに声が出なかったのに、今はかなり出る様になった。正しい練習を繰り返し練習し続けることがどれほど大事で重要なことなのか改めて気づかされます。「継続は力なり」という言葉がありますが、CANにいるとその意味がとてもよくわかります。間違った自分のやり方でやり続けていても意味がなく、どれだけ言われたことを素直にやり続けるか、それが自分の今までの課題であり、これからの課題でもあります。

基礎は沢山教えてもらいました。それをどれだけ応用していけるかがこれからの自分の成長に繋がっていくはずです。基礎というと蔑ろにしてしまいがちですが、何かにつまづいた時こそCANで教えられた基礎を思い出して、これからもやっていこうと思います。(0023)

 

とにかく演技の勉強がしたい! 出来れば基礎の基本から教われる所はないかと探していた時に観に行った会場でスタジオCANのチラシが入っていました。声優になりたいと夢見て長野から上京して来て、養成所や劇団ひまわりでお世話になっていたこともありましたが、本当に自分は出来ているのだろうか? 皆と同じ内容で大丈夫なのだろうか? と不安がありました。
「趣味でやっても良いじゃない」という言葉が一番最初に飛び込んできて驚いたのと同時に、とても納得しました。好きな事・やりたい事なんだからいらっしゃい! と言われている気がして体験レッスンを申し込ませていただきました。個別の課題を出来るまで行うから進みが全員違うと伺って、今まであやふやに通過してきた事も、何が出来て何がやりずらいかという事も見付けられて、前にまた進めるのではないかと思いドアを叩きました。

割とテンションは高い方だと思っていました。でも、実際に前に立つとどうしても出来ないのに考える癖がある! 言い当てられてドキリとしました。確かに失敗したくないけど、あそこまでズバッと言われたのは初めてで、そこまで見抜くのかと思いました。私のために時間を割いてくれてるのにいつまでもびびりじゃダメだと感じているので、猪突猛進で進みます! サボり癖なんてもっての他だなと思うし、真剣に全力で取り組まれている皆さんに少しでも追いつけるように、一つずつ出来ることを増やしたいです。

日々精神という言葉の通り、毎日の時間の中で教わったことを取り入れようと決意しました。
通っていた劇団のレッスンを辞めた後、しばらくしてから妹にどうしたいの?どうするの?と言われました。あの時はきっぱり諦めると言う選択肢もあったと思うのですが、やっぱり好きな事をやりたい。舞台に出たい。誰かに感動を~。思っているだけでは絶対に出来ないので、演じているフリ、やっているフリにならないように、力をつけたいです。一緒のクラスで受講している方々の良い所もどんどん見付て、好きな作品や舞台も増やしつつ、「もう一回挑戦しよう」と思った気持ちを忘れないようにします。言葉だけで終わらせないように、自分の気持ちに正直に行動していきたいです。

出身地:長野県
サイズ:156cm
趣味:映画鑑賞と観劇と身体動かすこと
特徴:コミュ力高いと思います