長谷川 沙織(はせがわさおり)

小さい頃に見たドラマ『ガラスの仮面』に影響された私はよく遊びでオオカミになったり、色々な役になりきって遊んでいました。
俳優になりたいという強い気持ちはなく、ただ遊びの中で何かを演じる程度でした。
そして社会人になってから1人で演劇を見る機会も増え、舞台に立ってる人の生き生きしてる姿や、自分の体一つで色々なものになれるワクワク感を抱きお芝居というものに魅了されていきました。
全く演技に経験がない私は、この年から始めて遅くないものかと不安を抱きつつも、一度きりの人生、やりたいと思った時がやる時だと決意を固めインターネットでレッスンできる所を探しました。
演技は未知の世界だしどこがいいかもわからなかったので、色々な所から資料を取り寄せ、金額などあらゆる面から考えてこのCANにしぼり、そこから体験や、実際に先生が演出しているお芝居を見て決めました。

最初は自分に出されているダメ出しや、他の人が出されているダメ出しなど理解することすらできませんでした。そして、自分が想像していたレッスンとは違い演技というものはどういうものなのか、根本的な所から見直していく作業になりました。想像とは違ったものの、着実に前より腹式呼吸ができたり成長している自分がいることに嬉しさを感じています。

今でもわからないことだらけですが一歩一歩基礎を学び、演技の楽しさをもっともっと知っていきたいと思います。

・出身地:東京都
・サイズ:150cm
・趣味:ラクロス、ピアノ
・特徴:マイペース。慌てす、焦らず、どっしりと。

20150201_1302747